大きすぎるが故のコンプレックス

初めて自分のバストが人より大きいと感じたのは小学校高学年の頃です。
クラスの誰よりも一番最初にスポーツブラジャーを着けたのを覚えています。
中学にあがり、体育の時間、体操服を着るのがとても恥ずかしかったです。
夏になると水泳の授業が始まり、他の同級生とは違う大きさに自意識過剰ですが視線を感じてる気がして水泳の授業がとても嫌でした。

この時点でDカップくらいでした。
二年生に上がると、この胸の大きさが武器になると知りました。ここから高校生までは自分のバストと上手く付き合ってきました。
10代の頃の私のバストはFカップでした。
問題は20歳を越えたあたりで今までハリのあったバストに急にハリがなくなった事です。
また、10代の頃はガリガリだった体が急に肉が付きはじめ、体重的にはあまり激太りしてないのにバストの大きさのせいで見た目が急に変わったように見えました。
友達からも太ったとたくさん言われました。
この時Gカップでした。
それからバストが目立たないという基準で服を買うようになりました。
夏なんかはどう頑張っても目立つため本当に苦労します。
Vネックやニットは勿論着れませんし目立たない服を着ててもバストに視線が行くのを感じます。
いかにバストを強調しないコーディネートを考えるのが毎朝とても大変です。
バストアップ方法

You may also like...