姿勢が悪いことは冷え性になる原因

秋、冬は寒さが厳しくだんだんと肌の露出の減ってくる季節に突入してきました。
おなかとかも隠せるし、脚も隠せてしまうし、いうことなし!
だからといって、そうやって、気を抜いてしまっていると、一気に体はだらけてしまいますよね…。
だからこそ、自分の体を日頃から目にするようにした方がいいと言われています。
自分の体をみて、ここにお肉が少しついた?などと確認しておくことでダイエットの意識につながります。

ちょっとしたときにモデルさんたちの写真を見てみるのもいいですね!
そうすることで、意識を高めることができます。
とくに水着姿などをもう一度見ておくといいでしょう。
そうすると、自分の体を見て、がんばろうという気持ちになります。

姿勢は特に注意して、日頃から背筋を真っ直ぐ伸ばすようにします。
立っているときも座っているときも、ちょっとした意識をすることで、ぷよっとしたおなかを改善させることができます。
さらに、姿勢が悪いことは、冷え性になる原因となります。
冷え性になると、太りやすくなったり、胸に栄養が運ばれなくなり胸が小さくなる原因にもなります。

しかも寒い季節は脂肪がつきやすい季節といわれています。
自然と体が脂肪をつけやすくし冷えを防ぐようになるようです。

バストアップには冷えは大敵。
ちょっとしたことが積み重ねとなって効果が出てくれると信じています。
胸のサイズを大きくさせるためには

You may also like...