バストアップのメカニズム

バストアップに関係するのは、膨らみを作る乳腺と脂肪です。
乳腺1に対して、脂肪は9の割合で構成されています。
そのため乳腺が発達して、脂肪も自動的に増えて膨らみが増します。
その膨らみを支えるのが、クーパー靱帯と大胸筋です。
クーパー靱帯とは、コラーゲンなどの繊維芽細胞の束のことです。
伸びたり縮んだりして、胸の膨らみや皮膚の筋肉につなぎとめて支えています。

大胸筋はバストの基盤となる筋肉で、クーパー靱帯と相互に作用しながら胸を支えています。
クーパー靱帯が切れ大胸筋が衰えたりすると、胸重みに耐えられなくなりバストが垂れ下がってしてしまいます。

乳腺には小葉という、母乳を作る部屋がいくつも連なっています。
子ような乳腺組織がもっと発達するのは、妊娠から授乳までの期間だそうです。
この時期に胸が大きくなるのは、乳腺が発達し脂肪細胞も大きくなるからです。
その乳腺を発達させるのは、女性ホルモンの働きです。
女性ホルモンには、エストロゲンとプロゲステロンがあります。
エストロゲンは、バストのハリや成長に影響を与えるホルモンです。
そしてエストロゲンは月経直後から排卵前まで分泌が活発になり、バストにハリが出やすくなります。
バストがしぼんだように感じるのは、エストロゲンの分泌が減少しているからだそうです。
バストアップが叶うのは、バストのボリュウムとそれを支える力の両方がアップするからですね。
セルノートでバストが1カップ大きくなった体験談と方法を伝授!

You may also like...