関節の間にある毛は意味があるのでしょうか?

関節の間にある毛は意味があるのでしょうか?

指や足の指の第一関節に、毛が生えている事があっても、第二関節に生えている人は少ないと思います。
関節の間と間に、毛が生えている人は半数以上います。
そのうち、第二関節に生えている人は全体の20%程度と、少数です。

眉毛やまつ毛、鼻毛などは存在している意味がわかるのですが、指に生えている意味はあるのでしょうか?
ムダ毛の一種だと思って、剃ったり抜いたりしている方も多いと思います。
本当に、この部分の毛だけは必要なのかと、いつも思います。

別に、指に毛が無くても手は発達しています。
きっと何かから守る為・・・と思います。
しかし、それにしては短いですし、濃いです。
だからといって処理をしても、すぐに元通りになってしまいます。
自然に抜け落ちればいいのですが、外的要因が無ければ難しいでしょう。

無理に引き抜く事だけは、やめましょう。
毛穴がダメージを受け、毛穴も広がってしまいます。
その毛穴を通じて、菌も侵入しやすくなってしまいます。
ニキビが出来やすくなる上に、膿んでしまう場合もありますので、処理をする時は負担がかからないようにしましょう。

ムダ毛を綺麗に処理したいならば脱毛サロンが安全でおすすめです。
銀座カラーなら全身脱毛が良心的な料金で行えます。
是非チェックシてみて下さい。
銀座カラーの公式サイトはこちらから

You may also like...